柔道整復師ガイド


柔道,整体

柔道整復師の歴史

明治時代


明治7年

「医制」の制定により、国の医療に関する方針が西洋医学中心の医療制度を目指すものへと変更になりました。

これにより、「従来の接骨業の廃止」が政府により発令され、柔道整復師は苦境に立たされました。

明治14年

さらに追い討ちをかけるように、漢方医学が廃止に追い込まれます。

この時点で整骨院や接骨院で働いていた柔道整復師はその職を追われます。

明治45年

明治14年以降30年間、柔道整復師の復活の兆しはありませんでした。

しかしこの年、柔術家たちによる「柔道接骨術公認期成会」が結成され、柔道整復術の復活活動が広く行われるようになりました。

トップへ戻る

柔道整復師の豆知識
柔道整復師の歴史
平安時代
江戸時代
明治時代
大正時代
昭和時代
平成時代
柔道整復師のグローバルな活動

◎メインメニュー◎
柔道整復師について
柔道整復師の豆知識
柔道整復師になるために学ぶこと
柔道整復師の国家試験について

©柔道整復師ガイド

携帯アクセス解析